FXはまず勉強してからやるべき

「副業でFXをやりたいけれど、いきなり取引を行うべきか、まず勉強するべきか分からない」という方はいると思います。
確かに、副業でFXをやろうとしている方は、できるだけ速く結果を出したいですよね。
実際問題、FXはある程度勉強してからやるべきなのでしょうか?
今回は、FXは勉強してからやるべきなのかどうかについて、詳しく解説します。

結論から言います。勉強してからやるべきです。

FXでは「あー損しちゃったー次から気をつけよう」なんて事は通用しません。
その損で、10万、100万、1000万という単位のお金が飛びます。
また、全く勉強せずにやると、ハイレバで取引をして大損失を起こしたりしますし、とにかくデメリットしかありません。

勉強しないでFXをやるというのは、素人の人がプロの格闘家とリングの上で戦うようなものです。
とても危険なので、絶対にやってはいけません。

では、具体的にFXではどのような勉強方法があるのでしょうか?

まず1つ目は、「本」や「インターネット」を使った勉強法です。
この2つを使って、FXの基本を理解しましょう。
入門本だけではなく、ある程度応用的な本まで読めると理想です。
また、初心者の間は情報商材等に手を出すのは控えることをおすすめします。

そして、本やインターネットである程度仕組みを勉強しつつ、同時並行でやるのは「デモトレード」です。
デモトレードとは、実際のお金は使わず、架空のお金を使って実際の相場で取引をするというものです。
これを何度も行い、実践で基礎を習得します。

ですが、デモトレードだけではトレードは上手くなりません。
今度は、少額でFXを始めます。
「実際にお金を使ってみる」ということですね。
ただ、これは本当に少額で良くて、1万円以下がおすすめです。

そして、それにも慣れてきたら、本格的に10万とかを入れてやってみるのです。

このように、段階的な事をやらずに、いきなり10万とかを入れると、本当にすぐに消えてなくなる可能性があります。

確かに、「副業でFXをやる」というので、焦る気持ちは分かります。
副業ではあまり時間を割けないためです。
ですが、焦って10万損したらそれこそダメです。
なので、まず最初は特攻せずに、勉強してからやりましょう。

また、FXの勉強に終わりはありません。上級者になっても勉強を続ける必要がある事は理解しておいてください。

今回は、「FXはまず勉強してからやるべき」という事について解説しました。
参考になれば幸いです。